理事長あいさつ

top_logo_30th.png特別非営利活動法人 全日本健康自然食品協会

title_01.jpg

NPO全健協 理事長 杢谷 正樹

私たちの生活環境において食べ物の内容や食事の仕方は人体に及ぼす影響が最も大きなものであり、人が後天的に享受するもので体質や精神までも支配する大きな要因となっています。特に昭和20年以降戦後復興の為の産業振興政策のなかで欧米の合理的な考えが日本の伝統的な食文化を改め、むしろ否定してきてまいりました。

しかしこの合理的とは果たして経済的に合理的であり日本人の‘からだ’に合理的であったのでしょうか、否、平成の時代となり私たちはますます日本の国家経営をゆるがす医療費負担を強いられているのが現状であり、その根深なことは現代社会が生活習慣病と呼ばれる病に多く悩まされていることに他なりません。

NPO全健協は昭和30年代から食品の製造、流通、販売といった業態を問わず仕事を通して日本人の食の見直しを啓発してきた仲間が昭和55年4月に一致団結し、そして平成14年3月にあらためてその理解者である生活者の参加をいただきNPO法人として再編成いたしました。

今や自然食品、健康食品は認知度では市民権を得た感はありますがそれが正しく理解されて生活者に正しく受け入れられるには至っていません。NPO全健協は多年にわたり自然・健康食品に係わる団体や行政とネットワークを通じて事業運営をしてまいり、その間に蓄えた多くの経験をもって会員や生活者にレスポンスしてまいりますので皆様からのお問い合わせや事業参加をお待ち申し上げます。

greeting_pict.jpg
特定非営利活動法人
全日本健康自然食品協会(NPO全健協)
理事長
杢谷 正樹

LINK

nyukai.png